縦糸と横糸に張り分けるためのテニスストリング
バボラ「カスタム・ハイブリッド」シリーズ3種を新発売
2004.12.14

SRIグループのSRIスポーツ(株)は、バボラVS社の硬式テニス用ストリングの新製品「カスタム・ハイブリッド」シリーズ3種を、(株)ダンロップスポーツを通じて12月15日から全国一斉に発売します。このストリングはラケットの縦糸と横糸を張り分けるために専用設計されたもので、組み合わせにより様々な特性を生み出します。長さは従来品の半分で、希望小売価格(消費税込み)は1本840円<本体価格 800円>から3,570円<本体価格3,400円>です。

ラケットに張られているストリングは、縦方向(メインストリング)は主に耐久性やスピン性に関わる働きをし、横方向(クロスストリング)は主に反発性や快適性(衝撃吸収性)に関わる働きをします。そこで縦糸と横糸で異なる特性のストリングを張り分ける「ハイブリッド・ストリング」という手法が、アンディ・ロデックをはじめとするトッププレーヤー(ATPランキング100位以内)の約40%に採り入れられ、一般プレーヤーにも浸透しつつあります。

そこでバボラVSでは、耐久性や反発性などのストリング・パフォーマンスをカスタマイズできるハイブリッド・ストリング専用の新製品を発売することにしました。最高のパフォーマンスが得られるように専用の特殊コーティングを施しており、それぞれ品種別に色分けしています。「カスタム・ハイブリッド」シリーズのストリングは「VS+」、「プロハリケーン+」、「エクセルプレミアム+」の3品種で、それぞれ1.25mmゲージと1.30mmゲージの2種類があり、計6品種です。

品 名 VS+
プロハリケーン+
エクセルプレミアム+
特 長 競技向け
スペシャルゲージ
最新鋭の
ポリエステルストリング
最も柔らかい
マルチファイバー
ゲージ 1.25mm/1.30mm 1.25mm/1.30mm 1.25mm/1.30mm
長 さ 6.0m 6.35m 6.1m
材 質 ナチュラルストリング 高性能ポリマー(モノ) 高性能シンセティック
(マルチ)
テクノロジー サーモガットテクノロジー エクストリーム・フューチャー・ポリマー製法 エアジェットテクノロジー
品 番 BA12368/BA12369 BA12364/BA12365 BA12366/BA12367
カラー ナチュラル ブルー イエロー
希望小売価格 \3,570(消費税込) \840 (消費税込) \1,575 (消費税込)
発売日 12月15日 12月15日 12月15日


▲ TOPに 戻る


空気抵抗を減らすフレームの断面形状を採用した競技向けテニスラケット 2004. 06

SRIグループのSRIスポーツ(株)(本社:神戸市、社長:馬場 宏之)は、バボラVS社(Babolat VS、本社:フランス、社長:エリック・バボラ Eric Babolat)の新製品ラケット「AERO PRO(アエロ プロ)」シリーズ4機種を、(株)ダンロップスポーツ(本社:東京・大阪、社長:有坂 誠道)を通じて、8月9日から順次発売します。

「AERO PRO」シリーズは、昨年9月に発売し、空気抵抗に着目した点が世界で注目された「AERO TOUR(アエロ ツアー)」シリーズを進化させたモデルです。アエロならではの強烈なスピン性能、ハードヒットした時の卓越したコントロール性能を確保しながら、パワーを強化。さらにウーファー※も搭載し、その優れた性能は多くのプロから高く評価され、バボラ契約プロも使用しています。「AERO PRO」シリーズは「コントロール」、「コントロール・プラス」、「ドライブ」、「ドライブ・プラス」の4機種があり、希望小売価格(消費税込み)は35,700円<本体価格34,000円>です。
※ウーファー:ラケットとストリングが相互に作用するグロメットシステムで、パワーアップやスイートエリアの拡大など、ラケットの総合性能の向上に効果がある。


バボラ「AERO」シリーズの開発背景

プレースタイルの進化に伴いラケットを進化させた
現在世界のトーナメントシーンにおいて、プレーヤーがフィニッシュを決めたショットを分析すると、その7割以上がベースラインから打ち込まれる強烈なスピンショットです。一方、サーブ&ボレーやラリーの回数は減少傾向にあり、これはトッププレーヤーの戦い方のみならず、テニスそのものが、スピン系ショットを中心に、ますます速く、よりアグレッシブに進化していることを意味しています。このようなテニスのダイナミックな進化に対応するため、スピンショット時の空気抵抗を減らすようなフレームの断面形状を開発し、採用したのが、「AERO」シリーズです。

バボラ「AERO PRO」シリーズの仕様、価格
AERO PRO
コントロール
AERO PRO
コントロール・プラス
AERO PRO
ドライブ
AERO PRO
ドライブ・プラス
フェース 98 平方インチ 98 平方インチ 100 平方インチ 100 平方インチ
平均重量 320g 320g 300g 300g
長さ 27.0 インチ 27.5 インチ 27.0 インチ 27.5 インチ
フレーム厚み 20.5〜22mm 20.5〜22mm 22〜26mm 22〜26mm
グリップサイズ 1, 2, 3 1, 2, 3 1, 2, 3 1, 2, 3
特長 コントロール性能を重視した
競技用モデル
操作性重視の競技用モデル
発売日 9月10日 9月10日 8月9日※ 9月10日
希望小売価格
(消費税込み)
    35,700円<本体価格34,000円>*フルレングスカバー付き
※AERO PROドライブのグリップサイズ 1 は9月10日発売
以上


▲ TOPに 戻る


優れた面安定性とパワーアップを実現したテニスラケット 2004. 06

SRIグループのSRIスポーツ(株)(本社:神戸市、社長:馬場 宏之)は、バボラVS社(Babolat VS、本社:フランス、社長:エリック・バボラ Eric Babolat)の新製品ラケット「DRIVE Z(ドライブ ゼット)」シリーズと「PURE STORM(ピュア ストーム)」シリーズを、(株)ダンロップスポーツ(本社:東京・大阪、社長:有坂 誠道)を通じて、9月10日から全国一斉に発売します。

「DRIVE Z」シリーズは、従来のグラファイトよりも約50%も硬くて強いザイロン®を、フェース部全体とシャフト部の補強材にも採用しました。この補強により、面剛性に加えシャフト部の剛性もアップし、その結果軽量ながら優れた面安定性とパワーアップを実現しました。「DRIVE Z」シリーズは「ライト」、「ツアー」、「マックス」の3機種があり、希望小売価格(消費税込み)はすべて31,500円<本体価格30,000円>です。

バボラ「DRIVE Z」シリーズのコンセプト
世界中の"TWEENER( トウィナー)"たちに向けて、グローバル展開を開始

今、プロ・アマを問わず、テニスを集中的におこなうプレーヤーの間では、重くて扱いにくい極端なプロ仕様ではなく、また軽くて飛びすぎる極端なパワー仕様でもないラケットへのニーズが高まっています。この新しいトレンドに対応するために、バボラはこれまでのセグメンテーションに、中間を意味する「TWEENER」を新たに設定。バボラチームを含めた対象プレーヤーに、最適なラケット・パフォーマンスを提供する「DRIVE Z」シリーズのグローバル展開を開始します。












バボラ「DRIVE Z」シリーズの仕様、価格

DRIVE Z
ライト
DRIVE Z
ツアー
DRIVE Z
マックス
フェース 100 平方インチ 100 平方インチ 108 平方インチ
平均重量 255g 285g 255g
長さ 27.0 インチ 27.0 インチ 27.2 インチ
フレーム厚み 22〜26mm 22〜26mm 22〜26mm
グリップサイズ 1, 2, 3 1, 2, 3 1, 2, 3
特長 操作性・反発性を
重視した軽量モデル
操作性・コントロール性に
優れたモデル
快適性を重視した
オーバーサイズモデル
希望小売価格(消費税込み) 31,500円<本体価格30,000円> *フルレングスカバー付き


▲ TOPに 戻る


バボラ「PURE STORM」シリーズ

「PURE STORM」シリーズは従来の「PURE CONTROL」シリーズの軽量タイプで、ザイロン®をフェース部とシャフト部に搭載することで、面安定性と反発性を強化したライトスペック競技モデルです。
「PURE STORM」シリーズは「チーム」と「MP チーム」の2機種があり、希望小売価格(消費税込み)はどちらも33,600円<本体価格32,000円>です。













バボラ「PURE STORM」シリーズの仕様、価格
PURE STORM チーム PURE STORM MP チーム
フェース 98 平方インチ 103 平方インチ
平均重量 295g 280g
長さ 27.0 インチ 27.0 インチ
フレーム厚み 21mm 22mm
グリップサイズ 1, 2, 3 1, 2, 3
特長 操作性とパワーを高めた
競技入門用モデル
操作性とパワーをより強化した
ミッドプラスモデル
希望小売価格
(消費税込み)
33,600円<本体価格32,000円>*フルレングスカバー付き

以上

▲ TOPに 戻る


2017年 | 2016年
2015年 | 2014年 | 2013年 | 2012年 | 2011年 | 2010年 | 2009年
2008年 | 2007年 | 2006年 | 2005年 | 2004年 | 2003年 | 2002年