カロリナ・プリスコバ選手が「東レ パン パシフィック オープン」優勝!加藤未唯・二宮真琴選手もダブルスで日本人初優勝

カロリナ・プリスコバ選手(チェコ)が、9月17日~23日まで開催されていた「東レ パン パシフィック オープン」(東京都立川市/WTAプレミア)のシングルスで優勝し、シングルス11勝目を挙げました。
プリスコバ選手は決勝で、先日の「全米オープン」(米国/グランドスラム)で優勝した大坂なおみ選手(日清食品)に6-4, 6-4のストレートで勝利を収めました。今大会終了後、WTAランキング7位に浮上します。
また、ダブルスでは加藤未唯選手(ザイマックス)・二宮真琴選手(橋本総業)組が、第1シードのフラヴァコバ選手(チェコ共和国)・ストリツォワ選手(チェコ共和国)組を6-4, 6-4のストレートで破り、今大会ダブルス日本人選手として初優勝の快挙を成し遂げました。