安全に使用していただくために

バドミントンラケット取扱説明

使用前のご注意

ストリングスは推奨張力の範囲内を目安に張り上げてください。

弊社カタログに記載されている推奨張力の目安を大きく超えた張力で張り上げますと、ラケットの性能を損ない、破損の原因となる場合があります。
また張り上げる際には、できる限り元の形状を変化させないように張り上げてください。

ラケットを使用する前に、各部に異常がないことを確認してください。

  • ラケット本体に変形や傷(ヒビ)があるものは使用しないでください
  • フェイス部を片手で固定し、グリップを左右にひねり、グリップの接合に異常がないことを確認してください。
  • 同様にシャフトに適度にひねりやしなりを与え、シャフトに異常がないことを確認してください。
  • すり減ったグリップレザーは、すべりやすくケガの原因になることがありますので、早めに取り換えてください。

シャトルコックを打つこと以外に、使用しないでください。

床やネット、ポストなどにたたきつけたり、本来の目的以外のことに使用したりすると破損の原因になります。

万一、ラケットが破損した場合は、破損部には触れないでください。

破損部は鋭利なため、直接触れるとケガの原因となることがあります。

バドミントンシューズ取扱説明

パーツ用語の説明

(1)シューレース
靴ひも。図のような穴に通すものだけではなく、さまざまな方式があります。
(2)アッパー
足を覆う部分の総称。さまざまな素材を使用し、いろいろな機能を持たせています。
(3)アウトソール
ソールの地面に直接接する部分で、ほとんどのものがラバーを使用しています。そのシューズの適応コートは、多くの場合、この部分のパターンによって決まります。
(4)タン(ベロ)
アッパーの一部分で足の甲部分の保護や、砂・小石などの侵入を防ぎます。
(5)ヒールカウンター(内装)
踵部分に内装されている補強パーツ。シューズの品質・性能を保つ重要なパーツです。これが変形・破損すると、品質・性能を保つことができません。
(6)インソール(内部)
シューズの中敷き。取り替え可能になっているものが多く、足に合ったものを装着できます。
(7)ミッドソール
ソールの一部分で、ほとんどのものが衝撃吸収性のあるコンプレッションEVAやポリウレタンを使用しています。アッパーと接着されています。

重要な禁止事項
シューズを安全に使用していただくための重要な禁止事項です。

決められた用途以外の目的で、使用しないでください。
種目や使用するコートによって、構造や材質が異なるため、本製品で決められた用途以外での使用は、シューズ本来の性能を損ない、ケガをするおそれがあります。
各種コートに適合していないシューズは、使用しないでください。
コートに適合していないシューズを使用すると、止まりすぎたり、滑りすぎたりする場合があり、ケガをする原因になります。
シューズが滑りやすい状況や場所では、使用しないでください。
雨天時やコートが濡れている状況、雪の上や凍結した場所、タイル床や油びきの床などでは、滑ってケガをする場合があります。
黒いアウトソールのシューズは、カーペットコートで使用しないでください。
黒いアウトソールのシューズをカーペットコートで使用すると、色落ち(コートに色移り)する場合があります。
シューズの踵は絶対に踏まないでください。

踵を踏むと、踵に内装してあるヒールカウンターが変形または破損してしまう可能性があり、シューズの品質・性能を大きく損ない、ケガをする原因になります。

足に異常を感じた場合は、使用しないでください。
ご使用中に、ひどい痛み、かぶれ、湿疹、かゆみ等の異常を感じたときは、直ちにご使用を中止し、医師にご相談ください。
シューズを改造したり変形させて使用しないでください。
シューズをご自分で改造または変形させると、品質・性能の低下をまねき、ケガをするおそれがあります。
高温または多温になる場所で、放置したり、保管しないでください。

火またはストーブの近くや夏期の車内及び車のトランクの中など、極端に高温、多湿になる場所に放置したり、保管しないでください。変形または品質・性能の劣化の原因となります。シューズの保管には直射日光を避け、高温または多温にならない所を選んでください。

使用上のご注意 シューズを安全に使用していただくための重要な注意事項です。

シューズは必ず試し履きをしてお選びください。
シューズは必ず試し履きをして、ご自分の足にあったシューズ
シューズは必ず試し履きをしてお選びください。
シューズは必ず試し履きをして、ご自分の足にあったシューズをお選びください(試し履きの際には、プレーする時に使用するソックスを着用されることをお勧めします)。足に合わないシューズをご使用になるとケガをする場合があります。
シューレースはご自分の足に合った長さのものを、しっかり締めてご使用ください。
シューレースが緩んだ状態ではシューズの性能を損ない、ケガをするおそれがあります。シューレースが余り過ぎた状態で使用すると、シューレースの先を踏み付け、つまずいたりして、ケガをする原因になります。出荷時に付いているシューレースの長さは、標準的な足のサイズに合わせていますが、足のサイズには個人差がありますので、あまりにも長すぎたり、短すぎたりする場合には、ご自分のサイズに合った長さのシューレースを購入されることをお勧めします。
アウトソールの溝が無くなった状態で、使用しないでください。
アウトソールの一部分がすり減り、溝がなくなった状態は危険ですのでご使用にならないでください。買い替えをお勧めします。
シューズの中に入った砂や小石は、早めに取り除いてください。
砂や小石がシューズの中にはいっていると、ケガをするおそれがあります。
体育館の床の油、床のホコリやゴミにもご注意ください。
体育館では、床の油分をはじめ、ソールに付着したホコリやゴミにより、滑りやすくなる場合があり、ケガをする原因になりますので、ご注意ください。
色落ちにはご注意ください。
現在の技術では、アッパーの素材が天然皮革または、綿布の場合や色付のシューレース等は、色落ちする場合がありますので、あらかじめご了承ください。特に雨や水などで濡れた状態では色落ちして、衣類等に色移りする場合がありますので、色移りしてはいけないものに直接触れ合わせないようにしてください。
シューズの乾燥にストーブやドライヤーなどを使用しないでください。
シューズを乾燥させるためにストーブやドライヤーなど、高温になる器具を使用しないでください。変形や品質・性能の劣化の原因となります。シューズが濡れた時には、まず乾いた布で十分に水分を拭き取り、吸水性の良い紙などを中に詰めてしばらく置いてください。乾燥させるには、中に詰めた紙などを取り除き、風通しの良い所で陰干ししてください。

お手入れ方法 シューズの素材に適した方法で行ってください。

人工皮革の場合
やわらかい白い布で水拭きしてください。それでも汚れが落ちない場合は、市販のシューズ用クリーナーをご使用ください。
天然皮革<表革>の場合
水洗いはしないでください。市販のシューズ用クリーナーをやわらかい白い布につけて、汚れを落としてください。
天然皮革<裏革・起毛革>の場合
水洗いはしないでください。市販のシューズ用ブラシで、汚れを落としてください。