人工皮革

読み じんこうひかく

英名 Artificial leather

過去30年間のアスレティックシューズの進化を総括すると、派手ではないが、じつはもっとも進化したアイテムが「人工皮革」。昔は「天然皮革こそ最高の材料」とされ、人工皮革は「模造品」「安物」のレッテルを貼られていた。人工皮革にとっては肩身が狭く、とても長い不遇時代だったが、大手ブランドがフラッグシップモデルを打ち出した頃からガラッと風向きが変わった。正直言って、まだその頃は硬くて「作り物」の印象が色濃かったが、あっという間に品質が向上。柔らかくて伸びの少ない、表面の質感維持性も高くてメンテナンスフリー。「テニスシューズのメイン素材」の一つとなった。