ボックス形状

読み ぼっくすけいじょう

英名 Box shape

ラケットフレームの断面構造が、基本的に「□型」となる形状。「アエロ形状」と対をなす形状で、しなり剛性、捻れ剛性をコントロールしやすいコンベンショナルな構造だが、スイング時の空気抵抗が大きいとされる側面も持つ。このフレーム形状の性能的特徴は、打球方向へしなりを感じやすく、球乗りが長い打球感となる傾向が強い。またフレームの捻れが少なく、コントロール性能を謳うモデルに採用されることが多い。どちらかというと、十分なパワーを持ったプレーヤー向けのラケットに採用されることが多く、しっかりした打球感を求めるならボックス形状、振り抜きやすさを求めるならラウンド形状を目安に選ぶといい。