バットキャップ

読み ばっときゃっぷ

英名 Butt cap

グリップ部でもっとも手元側の端部分。硬式ラケットのグリップは基本的にストレートなため、ラケットが手から抜け飛ばないように、グリップの下側端を円錐状に広げている。キャップと呼ぶのは、グリップの下端部にキャップをはめて作ってあるためだ。このキャップの形状にもブランドごとに多少の特徴があり、プレーヤーによって好みもある。