前足部(フォアフット)

読み ぜんそくぶ

英名 Forefoot

力強いフットワークのために重要な役割を課せられている部分。具体的には、足指の付け根(踏み付け部とも呼ぶ)からつま先までのことを言い、グリップと蹴り出しの効率を高めるソール設計が必要となる。またアッパー構造は足とのフィット感、ホールド性能、クッション、そして安定感のバランスなど、シューズ全体の個性演出をもっとも多く背負っている部位となる。踵に衝撃緩和材が組み込まれるようになってしばらくすると、この前足部に「反発素材」を組み込むのが流行り、今では当たり前に行なわれている。かつてはいっしょくたになっていたのを、「適所分業化」させた例である。