グリップサイズ

読み ぐりっぷさいず

英名 Grip size

読んで字の如し、ラケットを握る部分の太さを表わす数値。単位は「インチ」。かつては「4 1/2」「4 3/8」などの表記だったが、今日では「1」「2」「3」「4」となり、それぞれ「4 x/8」の「X」に入る数字となる。従って、「1」=「4 1/8」、「4」=「4 4/8」である。ちなみにこの「4」が「4 1/2」である。硬式ラケットのグリップはほとんどがストレートなので均一の太さだが、ソフトテニス用ラケットのように「テーパー」(テーパーの項参照)になっている場合は、だいたい手のひらの中央あたりの数値となる。この数値は全世界共通ではなく、メーカーごとに微妙に違ったり、シンセティックグリッブレザーの厚さによっても差が出るため、あくまで目安とし、購入時は必ず自分で握って確認すること。