インナーソール

読み いんなーそーる

英名 Innersole

これが「挿入式中敷き」を意味する正しい表現。「シューズの中に入れる」というニュアンスなのだろう。これにも各社各様でいろんなタイプがあり、薄くてペラッとしたものとか、分厚くてアンジュレーションが豊かだったりとか、裏側のエッジが角張っていたり、丸みを帯びていたりと、さまざま。今日ではほとんど「交換式」なので、汚れたら取り出して洗えるし、潰れてベチャンコになったら新しいものに入れ替えられる。また製品シューズに挿入されていたオリジナルではなく、インナーソール専門メーカーが発売しているものと入れ替えることもできるが、シューズ本体とのマッチングを考慮する必要もある。