中足部(ミッドソール)

読み ちゅうそくぶ

英名 Metatarsus

前足部と後足部をつなぐ連結部位。ここが捻れることで、後足部では身体バランスを保ちながら、前足部ではサーフェスを効率よくグリップして踏み付けパワーを伝えることができる。だから捻れないのでは困るが、かといって捻れすぎるのは足に負担をかけ、危険な場合もあるので、それをカバーする機能を担当するのが、シャンクなどの「捻れ制御システム」。おおまかなプレーアビリティのレベルによって、どの程度の捻れ具合にコントロールしておくかが設定される。一時期、「この部分はグリップカとは関係ないので、接地させずに持ち上げる」ように設計されることが流行ったが、多くのテニスプレーヤーから「ここが接地していないとちょっと心細い」という声があり、極端に持ち上げる(下から見れば凹ませる)ことは少なくなった。