アウト(アウター)ソール

読み あうとそーる

英名 Out sole

テニスシューズのソール(靴底)は、主に3層の積層構造で、アウトソールはそのいちばん下…… つまりコートサーフェスと接触する層となる。今日では素材として主にラバーが用いられているが、ミッドソールのEVA (EVAの項参照)に比べれば比重が大きいため、全体を軽量化するのに、アウトソールはできるだけ薄くして使いたい。耐摩耗性能、異素材との接着技術、硬さのコントロールの自由度に格段の進歩が、それを見事に実現させている。一般的には「アウトソール」で通用するが、挿入式中敷きの正式名称が「インナーソール」(インナーソールの項参照)であるから、これは「アウターソール」と呼ぶべきかもしれない。