シャフト

読み しゃふと

英名 Shaft

グリップ部とフェイス部をつなぐ部分。昔のウッド時代は1本だったために「軸」を指す呼び名が与えられた。現在ではほぼすべてのラケットがグリップ上部から二股に分かれてフェイスを支える。二股シャフトは、1本シャフトよりも捻れに対して強固であり、この部分はフレーム全体のしなりや打球性能、打球感を決定する重要な構造体となる。