ストリンギングマシン

読み すとりんぎんぐましん

英名 Stringing machine

硬式テニスのストリングは、張り上げテンションが高いため、50年ほど前からはマシンを使って張り上げられる。かつては「分銅式」「バネ式」などがあったが、現在ではつねにテンションをかけながら張り上げられる「電動式マシン」が主流。テンションが確実に出るため、昔の指定よりもはるかに高いテンションの仕上がりとなる。同じマシンを使っても、ストリングの通し方や止め方など、ストリンガーの技術の差が張り上がり結果に表われるので、電動マシンが全能ではないことを知っておかなければならない。